top of page
  • 執筆者の写真くれは まゆみ

5月28日 報告会


5月最終の日曜日。選挙の報告会を行いました。 お忙しい中、集まっていただいたみなさま、ありがとうございました!

会としての総括につづき、 私から、8ヶ月間の活動をぎゅっとつめこんだ5分間動画の上映、そして思いをお伝えさせてもらいました。

市民に支えられ、そして1人ひとりができることをできる分野で時には激しい意見を交わしながら、つくりあげてきた選挙だったと振り返っても感じます。そしてそれを感じた人が次なる方法で広げてもいただいた市民参加の選挙だったと確信しています。 とお話しました。

「どんな選挙をするのかは、どんな政治をするかにつながります。業界団体や政党に担がれた選挙をおこなえば、そちらをむいた政治になるでしょう。私がなぜ無党派市民派の議員であったか、市民派選挙をしてきたのか、それは政党や組織に所属しない市民の声、政治にあきらめや不安を持っている人、政党や組織の主張にとらわれることなく、声を聞くことが大切だと思ってきたからです。組織や政党だと上意下達でスムーズにいくこともたくさんあるでしょうし、ノウハウや人や資金も豊富なのかもしれません。そのあたりのことは知る由もないのですが。選挙の仕方で政治の方向が決まる、だから私は、あくまでも市民とともにの選挙にこだわります。 応援していただく、応援するよの方どなたもウェルカムです。市民が作る選挙、市民のための選挙、その手法で最後まで突き進みます。」 (今回の選挙中に仲間に発した言葉です)

くれはカフェ。当事者に聞く、当事者から学ぶ、当事者とともに変えていく政策の柱にする、その過程は、みなさんが自分の時間を譲り合い関わってできたものでした。

選挙結果は伴なわず実現できずに残念だけど、嬉しいお便りやメッセージにはげまされています。 「くれはカフェに参加したのは半年前。政治に関心なかったけれど、暮らしが政治につながっているを実感しました。これからも自分なりの行動をしていきます」 「政治は詳しくないのですが、やはり子どもができてから選挙を真剣に考えるようになりました。わたしも勉強していきますね」などなど。 若い人たちからのメッセージに何かを残せたのではとも思います。

木津川市議会の構成も変わりました。木津川市未来会議の仲間からも2人の議員が誕生し活動してくれることになりました。きらりと光る良識派の議員のみなさんと党派を超えて力を合わせ、新市長のもと、「議会全体が緊張感を持って首長と向き合い、是々非々で議論し決定していく、議会全体の市民参加を進める、大事なことは市民が決める」

そんなスタンスを持ち続けてほしいと思いますし、期待しています。


私のこれからですが、

ゆっくりとよろしくお願いいたします。ひきつづきできることをしていこうとおもいます。


くれはの選挙いえみんなの選挙に関わっていただいたみなさま

みまもっていただいたみなさま

応援していただいたみなさま本当にありがとうございました!


ご参加の方からのご意見や感想もとても素敵でおわってからもあちこちで会話がはずんでました!


一区切りの会となりました。


可愛い花束のサプライズも😂😂

閲覧数:79回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentarios


bottom of page